因果関係の発見法則は世界をかえる

逆問題?さっそく壁に当たる

因果関係を自動で発見するためには?の研究テーマ。さっそく壁に当たりました。ですが、くじけていてもしょうがないので地道に勉強しようと思います!

逆問題とは?

山頂に降った雨は川の一滴となり斜面によって流れていく。というように、

何かきっかけ(入力)があって行動(出力)する」について

  • 順問題:きっかけの情報をもとに行動(量、方向など)を解く問題のこと
  • 逆問題:行動結果からきっかけを推定する問題のこと

と定義されているようです。なかでも逆問題は、数学分野で研究テーマの一つ。

テーマになっているからには、『難しい』『まだ解かれていない』ということですね。。

なかなか道は険しそうです!

逆問題の歴史は古い

なんと紀元前から扱われている問題だとか。正午にできる離れた2つの塔の影の違いから、地球の半径を推定したそうです。

「地球はまるく、回っているから2つ塔の影(方向?長さ?)は異なる」

原因と出力はこんな感じでしょうか。

色々と調査していくと、昔から『きっかけ』を推定したいという願望は強かったみたいですね!

願望が最も強かった時代は、やはり戦争中に、弾道計算やレーダー探査などの目的だそうです。残念だけど納得!

現在は、「橋のひび割れなどの【きっかけ】を推定」、もしくは、「症状から病の原因を推定」、「生態系がどのように変わっていったかを推定」など、研究が進められているそうです!

逆問題の『問題』を深掘り!

行動結果から【きっかけ】を推定すると申しましたが、【きっかけ】にもいろいろあるようで、、、

  1. 行動が起こった『環境』が知りたい!
  2. 行動がどんな【きっかけ】によって起こるのか『法則』が知りたい!
  3. どんな『条件』まで、行動されるのかが知りたい!
  4. 行動するのは果たしてどんな人?『誰』

と課題は大きく4つもあり、研究願望は強めです!

4つ挙げましたが、私はもう1つあるかなって思っています。それは、『欲望』ですね。「早く着きたい」とかありますよね。

問題を限定したいところ!

『問題』が広すぎるので、小分けにしたいなと思うところ。どんな分野に小分けできるのか。自分と向くべき方向は?を探るために図書を取り寄せ中でございます!

知識を増やすしかない

解法も様々なようで、、

  1. 定式化
  2. 最適化手法
  3. フィルタリング

賢くなるしかなさそうです。ひとまず、フィルタリングから勉強します!

sponsored link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です