哲学者

小さな行動

はじめた小さな行動

Audible (Amazonのオーディオブック)

おすすめ:嫌われる勇気, ダイヤモンド社

何か行動を起こそうとしたとき、まず気になるのは
「行動を起こした自分を見ている誰かがどう思うのか」
でした。【承認欲求】です。誰かに認められなければ意味がないのではと思っていました。

でも、私は自分の人生を生きているのであり、他人の人生を生きているのではない。
自由や幸せを獲得するためには、ヒトからどう思われるかではなく、
【自分の課題】【他人の課題】を切り分けることに心がけて、時には嫌われてもいいと割り切って、勇気を持って行動することだ。

今まで、直感で行動しようとしたき、躊躇していたことが、
とまどいなく継続することができるようになったような気がします。

人間はひとりでは生きられない。共同体のなかで生活していく。
地球にあなただけ存在しているのなら悩みは発生しない。あなたの悩みはすべて対人関係の悩み

共同体へ貢献し、貢献されること。貢献は行動だけではなく、存在だけで意味を為していること。

この苦しい状況で、少し息がしやすくなりました。
イヤホンをして散歩しながら聞くと、周りを気にすることなく、スーッと入ってきます。

sponsored link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です